社長ブログ

アプリセミナー前半戦無事終了

投稿日:2021.07.07

7月1日〜3日にかけて開催したアプリ活用セミナー前半戦が無事終了しました。

参加された方の業種は様々で、居酒屋さん、土木業、建設業、司法書士業さんと様々で、皆さんがアプリを使って解決したい悩みも様々でした。

居酒屋さんは、「お客様の来店数を増やしたい」その為にアプリをどのように使うのか興味をもたれてました。

土木業、建設業の方は社員の出勤が、現場に直行直帰があるので、タイムカード管理や日報報告などをアプリを使ってうまく出来ないかという事でした。現場で働く方々の中にはパソコンはうまく使えないがスマホなら使えると言う人がいるので、現場の人がスマホでアプリを開き、簡単に業務の日報などの報告などが出来るように出来ないか。また、資材の買い出しなども事務所に連絡をして、事務所が調べてから現場に連絡をすると言う流れになっているので、必要な資材が何処で販売しているのかなどの情報をスマホのアプリを使って共有したいなどの活用出来ないかとの相談でした。

また、セミナーの講師から、それらの企業に適した自社アプリを作るのに、補助金等の活用も考えたほうがいいかとのアドバイスがありました。

アプリセミナーの後半戦は7月15日(木)・16日(金)・17日(土)の午前の部10時〜12時、午後の部15時〜17時開催します。ご興味がある方は立山までご連絡下さい。

大崎高校 清水監督から学んだ事

投稿日:2021.06.09

令和3年1月 長崎県中小企業家同友会佐世保支部に大崎高校の清水監督が講演に来られました。私自身あまり野球を知らず、当然清水監督の事もあまり知りませんでした。

どんな話しをするのだろうかと思っていましたが、これが中々波乱万丈な生き様の話しで、聞いていてびっくりたまげました。しかし野球を通じて清水監督が積み重ねられてこられたことは、我々商売人にも通じるものが多々あり、感じた事を書き出してみました。やや長文ではありますが、何らかの指導者の方や経営者の方は読まれて見て下さい。

大崎高校 清水央彦監督
しくじり先生の転落人生からの逆転劇
2006年、青峰高校で甲子園に出場、しかしとある出来事で一度目の谷底に落ちた。そして佐世保実業高校でチームを強化し、さあこれから連覇という時に前の谷よりも深い谷底に転落してしまった。犯罪者みたいに扱われた事もあった。そこから4年半、戻れる保証は何1つ無かったが、しかし戻る準備はしていた。そして今、谷底から這い上がり、新たに大﨑高校で大きな山に向かって歩き始めている。

「大﨑高校では0からの始まり 最初は5人からスタート 次の年に20人の入部がありそこから甲子園を目指した。
しかしチームには伝統がなく、 掃除をする、挨拶をする、試合前の練習を素早く取りかかるなどの当たり前の事が出来てない、知らない事が当たり前と思いそこからの出発になった。」

「この大﨑高校で再スタート出来る時に思った事は、高校野球でもっと大きな事をやりたい。甲子園に行く事はそんなに難しいことではない。しかし甲子園に出場した事や高校野球で得た成果を自分達のものだけにしない。自分達だけで喜んでいるようでは自分達も大きくならない。人に喜んでもらう事が出来た時に、それが大きなエネルギーになって帰って来て、自分達がもっと大きくなる事ができる。そして周りの人達の力を借りて、それを自分達の力に変えて、またそれを還元する事が出来るようになったとき、大きく成長する力が循環してくる。4年間、出来なかった時にそんな事が何となく分かるようになった。」

「今まですごい失敗をしてきたが、この4年間で色んな事を勉強して、それを新しいチームに注入する事により、今のチームは以前の高校にいた時よりも、さらに喜ばれるようなチームになったと本当に思える。結果的に考えると、身から出たサビですが前の高校を辞めた事、色んな目にあって来た事が今の自分を作る為に必要だった事に思える。今ある結果は次の結果をきめる。今悪かった事でも、次ぎ良い結果を出せば良かった事に転化出来る。」

《今コロナ禍の中でいろんな業種の方が苦しんでいます。しかし清水監督の講演を聞いていたら、このコロナが過ぎ去った後に、このコロナで苦しんで来たことが次のステップに進む為に必要な事に感じられるようになれるのではと思えてきました。逆境を生きて来た清水監督の話しだからこそ、今の逆境の中にいる方々に勇気や希望を与えてくれると思います。》

○清水監督の講演の中で経営にいかせる学んだ事12項目 

①選手の育て方 ・時を守り、場を清め、礼を正す
●経営では 人の育て方に通じると思われます。
 
②絶対勝にこだわる。勝つ為には自分が変わる努力がいる。変わる為には苦がともなう。挑戦しないと行けない時は楽より苦を選ぶようにならなければならない。そして苦の向こう側に勝つ喜びがある。
●経営では 自分達で立てた目標にこだわる。そしてその為の色んな努力が必要、そして目標をクリアした達成感の喜びがあるのでは。

③組織の目標 成果を生徒だけに求めない。最初に試合など、0から1にする時など下からの立ち上がりの部分は指導者が責任を持って勝たせ生徒に自信を付けさせる。その為には指導者が色んなノウハウを吸収して勝たせる事が指導者の責任。そこから生徒に自主性を持たせる。
●経営では 最初は上に立つ人がみんなをリードして行く。その為にトップの人は常に色んなノウハウを吸収して先導者としてみんなを引張り、その後スタッフに自主性をもたせる。

④「の」の字型で人も組織も育つ 野球・学校・生活を全部いっぺんに大きくするのでは無く、一つ一つ大きくする。野球で少しよくなる。生活が少し良くなる。学校も少しづつよくなる。「の」の字型で組織がよくなる。
●経営では 経営理念・経営計画・経営指針が「の」の字にのようによくなっていけばいいのか、

⑤弱いは弱いなりに勝てるやり方がある。しかし自分達の力を正当に評価出来るようにならないと努力のやり方が分からず勝ちに結びつかない。
●経営では 会社の能力を正当に評価できているか?

⑥夏の甲子園で勝つ為には、人を2回ぐらい変身させなければ全国大会で優勝を狙えない。その為にはグリット(粘り強さの指標)を上げる。自分の限界を引き上げる為に無理をさせて、我慢強く耐える力を付けさせる。
●経営では まず経営社が2回ぐらい変身しなければ、この厳しい環境で生き残れないのでは、そして粘り強く耐える力を会社やスタッフにつけていければ道は開けていくのでは。

⑦物事は始め難しく、後で易しくなる。
●経営でもまったくその通りです。
 
⑧能力が無いなら時間で勝負する。才能が2なら,努力が3、継続が5 2の才能を3努力させて5継続させる
●経営では 継続が力なり

⑨指導の基本は徹底させる、出来ないと言う事は言わせない。出来ないからと逃げる事はさせない。
●経営では梵字徹底 

⑩野球のモチベーションは夏の大会に優勝する事。そして子ども達にあった適切な目標を与え、人を喜ばせる事と勝つ義務感を持たせる。自分達の行動でたくさんの人を喜んでもらえるようになると、自ずとモチベーションもあがっていく。
●経営では 経営計画を達成すること。

⑪強豪校と対戦する時は負けない野球を目指す。そして決勝は勝ちたいと思った方が必ず勝!、勝つ為の用意をしっかりと準備する。
●経営では 経営計画にしたがって、いつも準備をしていく

⑫夢を語れないと人はついてこない。
●経営では 経営社が会社をどうしていきたいか夢とビジョンを持ち続ける

スポーツをもっと楽しめる、 スポーツカレンダー作りませんか

投稿日:2021.06.04

こんにちは、久しぶりの投稿です!立山印刷では今年は、スポーツをもっと見て楽しむ企画として「オリジナルスポーツカレンダー」を制作するようになりました。このカレンダーの魅力は写真の大きさです、カレンダーはA3サイズですが、中にはいる写真はA4サイズぐらいの大きさになります。ですのでカレンダーの役割が終わっても、気にいっている写真は切り取ってA4サイズの額縁にいれて飾ったり、フォトフォルダーブックを作ったりして楽しめます。また今回、自分達で撮った写真が13枚あれば、無料でサンプルカレンダーを1冊作りますので、それを皆さんで見てからカレンダーの部数を決めればいいので作りすぎたりもしないと思います。写真さえあれば是非サンプルカレンダーを作ってみてはいかがでしょうか!

宣伝用のチラシの作りの勉強をされたい方にお薦めした1冊の本

投稿日:2015.09.22

【店でお客様向けのアンケートを作ろうと考えたが、何を聞いてたらよいか、お客様から引き出したいかか迷った。又、宣伝用チラシを作ろう思うが作り方がよく分からなかった】と、そのような悩みをお持ちの草野さん。

草野さんはお母さんが経営されている「ギャラリー山小屋」のお手伝いをされてます。
ギャラリー山小屋のおすすめは、石焼釜で焼いた手作りピザ!そして自然いっぱいの中でゆっくりとした時間を過ごしながら飲む淹れたてコーヒー。一度行った方ならきっと気に入って頂けるお店です。
でも、新規のお客様にお店の良さを伝えるチラシを伝えたいが作り方が分からない。そんなお悩みを持っていた草野さんにお薦めたのが岡本達彦さんの著書【「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法】
この本には、お客様の声(アンケート)をどのように活用すれば、「お店の良さをしっかりと伝えられるチラシを作れる」かの要素がつまっています。
草野さんのお店には「石焼釜のピザ・手作りのパン・バーベキューが出来るセット(ビールサーバーも完備)・コンサートが出来る舞台(カラオケ大会も出来ます)・大自然の小さな家のような森に囲まれた雰囲気」とお客様にとって興味が湧くような要素がたくさんありますので、
草野さんには是非この本を読んで頂き、まだ来店されてない方にもっとお店の良さ伝えられるようになって頂ければと思います。草野写真2草野 アンケートコーヒー

チラシやホームページで悩んでいる方にお薦めした1冊の本

投稿日:2015.09.19

【チラシを作っているが効果的なチラシやDMを作る事が出来ない、チラシやDM、ホームページの作り方がわからない】そのような悩みをお持ちの下川さん。下川さんのお店は振り袖の販売とレンタルの専門店で、品揃えも豊富に長崎県・佐賀県のエリアでご商売をされています。下川さんのお悩みはずばり集客。お客様にご来店してもらうために、自分のお店でもアンケートを取ってお客さんの情報を集め、それをチラシやホームページに活かそうとしているのだが、いまいち反応が少ない・・・というお話をききました。
そこで、下川さんに【「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法】を読んでみる事を勧めてみました。この本の強みは、広告作りに役立つアンケートの作り方、そしてそのアンケートを元に効果的な広告をつくる作り方が載っています。下川さんには是非この本を読んで頂きお客様がもっと来店して頂ける広告作りに役立てて頂ければと思っています。 下川 写真下川アンケート2

プレゼントのお知らせ!

投稿日:2015.09.14

立山印刷からのお知らせです。売れるチラシやホームページを作るヒントがいっぱいつまっている、販促コンサルタント岡本達彦著書【「A4」1枚アンケート で利益を5倍にする方法】ダイヤモンド社出版を本気で売れるチラシやホームページを作ってみたい方に抽選で5名様にプレゼント!!します。お申し込みは有 限会社立山印刷のフェイスブックページのコメントに、「本希望、と お名前○○○○」を書かれて下さい。締め切りは9月30日まで!

本のプレゼント

「A4」1枚アンケート実践勉強会in福岡

投稿日:2015.09.05

福岡で「A4」1枚アンケート実践勉強会を開催しました。時間は4時間ぐらいかかりましたが、参加された方からは、色々新しい発見があったなどの嬉しい感想を頂きました。

勉強会写真

参加者からの感想です。

 

感想2

 本を読んだだけではわからない事も実践する事で理解ができました。仕事上、アンケートや広告に関わる事が多いので、どんどん取り入れていきます。ありがとうございました。

H・Kさん

感想3

 興味深かった、アンケートの作り方の要素が分かって良かった。キーポイントがつかめた気がする。

野副信子さん 不動産業

感想1

 あっという間に過ぎました。進行の手順なども学びつつ・・・のつもりが、割と作業に入り込んでしまい、しかしながら直販商品を手がけてみて、今までやってみた自社商品とは異なる点にたくさんのヒントをいただきました。経験を積んで引き出しを増やしていきたいと思います。ありがとうござました。

S・Mさん

立山の千人の人に逢いに行く「千人修行!」 

投稿日:2015.09.02

1000人の人に逢いに行く「千人修行!」

記念すべき1人目

株式会社ハイバリュー 濵川一宏さん

株式会社ハイバリュー 代表取締役 濱川一宏さん

今回は、福岡市博多駅前にあります株式会社ハイバリューの代表取締役、濱川一宏さんにお話を聞かせていただきました。

濱川さんは、中学校を卒業して、学校に馴染めず高校には行かずにいる子ども達の為に、将来独立して起業家を目指せるようなフリースクールを立ち上げようと準備をすすめられています。

現在、東大の面接基準も変化をしており、学力の高さも大切ですが社会性の高さも必要とされています。社会性とはボランティア活動や地域貢献などの活動です。

濱川さんのフリースクールでは、この社会性の高い人材を育成して、社会や企業の中でも通用する人材づくりをされています。また基礎学力もしっかりと学び、テストの点数が良いだけの学力ではなく、社会に出て必要な学力を身につけられるよう子どもたちに教えていくそうです。

濱川さん自体中学を卒業して、実社会に出ていろいろな経験をしてこられ、その経験をもとに、学力や学歴を身につけることができなかった子ども達でも社会性を身につけ、しっかりと生きて行けるような人間育成を目指しておられます。

開校は来年の4月を予定され、10月より生徒を募集されるそうです。また、このフリースクールに賛同して頂き協賛してくれる企業を探しておられます。もしご興味があられる方はご連絡をお願いします。

株式会社ハイバリュー様のホームページはこちらから

お母さんに贈るありがとうの詩

投稿日:2015.06.16

佐世保の印刷屋

立山印刷の立山が

開催する

「たてちんのありがとうの詩」教室

今回、親子の絆を深める「ありがとうの詩」

教室に参加された松田さんの感想です。

まゆみお母さん

ブログはじめました。

投稿日:2015.04.24

ブログはじめました。

よろしくお願いいたします。

お問い合わせへ
お見積もりへ